ファッションの変遷

ツイードのハンチング帽をかぶった女の子

これまで子供服の歴史

現在の子供服は昔と比べられないほどに多様化しています。その筆頭に子供服を専門に扱ているブランドが存在しています。昔は子供服の種類として、やさしい色合いの子どもっぽいものが主流でした。さらに、子ども自体が多かったためその服もお金をかけることができず下の子におさがりとして回されていました。 その後核家族化が進んでいくとともに親と同じように子供の服もファッション性が重視されるようになっていきました。その際、需要に合わせて子供服のメーカーやブランドも増えていきました。そのころから値段の安さより品質やデザインが好まれるようになります。 子どもにかけることのできるお金が増えたことで様々な種類のもの服装が増えていったようです。

これからはどのように発展していくか

今後の予想として少子高齢化により子供の数が減っていくことが考えられます。子供は減るのですが高齢化によって親や祖父母などの上の世代が増えているため子供一人にかかる愛情も増加していきます。このことで子供一人一人にかけることのできるお金が増えていき子供ための製品が高額化すると予想できます。その高額化する商品の中には子供服も含まれることになります。ただし、経済の面から貧富の差が激しくなっており高級なものを購入できない家庭も出てきてしまい貧富の2極化が顕著になってしまいます。 その種類も増えていくことが予想されます。今までは考えられなかったような奇抜なファッションが登場しもてはやされることになるのではないかと予想できます。